Facebook運用支援|株式会社グラッドキューブ

facebookで変わる広報活動
ブランディングとして利用されるfacebook
企業やブランドと接する機会が多いメディア

Facebook運用でブランディングする
企業が増えています。

Facebook運用の国内利用者数が2,100万人を超え(2013年8月時点)ソーシャルメディアは企業とユーザーを結ぶコミュニケーションツールとして一般化されつつある中で、Facebookは群を抜いてユーザーから「企業やブランドと接する機会が多いメディア」として支持されています。

その理由は、企業が発信する日々の投稿から距離が近くに感じられることが大きな要因と伺えます。

下へファンとの関係性が重要運用支援の流れ当社の強み
facebookを活用する際のメリット・デメリットは?

Facebook運用のメリットとデメリットとは?

メリット・デメリットの図
goodbad

Facebook運用では必要ないと感じた投稿はノーリアクションで無視されスルーされる傾向にあります。
もし、このノーリアクションが続いたらどうなってしまうのでしょうか。
実は、エンゲージメントといわれるタイムラインに表示するか判断するアルゴリズムによって、たとえその企業のファンになってくれているユーザーだったと
しても、重要視されなくなり、しまいには投稿が表示されないようになってしまうのです。エンゲージメント(親密度)が運用の大切な要素となったいま、
双方向のコミュニケーションが重要視されています。
企業とユーザーが、うまくコミュニケーションをとっていくこと。これが重要です。

ブランディングとしての役割下へ運用支援の流れ当社の強み
Facebookはファンとの関係性が重要 こうしている間もオンライン上では語られている

Facebook運用の評価は刻々と変化しているあなたの評価は?

綿密なマーケティング・コンテンツプランは・・・
コンテンツプランニングコミュニケーション施策マーケティング戦略

Facebook運用のよくある成功事例が必ずしも御社に当てはまるとは限りません。
単純に他社のコンテンツの真似をしても最終リーチが同じように上がることもありません。
ファンに愛され、支持されるために必要なことはその企業にあった「コンテンツづくり」と「うまい運用」の2つです。
綿密なマーケティング戦略、コミュニケーション施策、コンテンツプランニングに加えて
血の通った双方向なコミュニケーションがあってこそ、愛されるのです。

ブランディングとしての役割メリット・デメリット下へ当社の強み
運用支援の流れ

Facebookユーザーを如何に楽しませますか?

ヒアリング
01

現状の課題と既存のマーケティング戦略などについて詳細をヒアリングいたします。

VOC分析
02

オンライン上で語られている貴社製品やサービスについて調査し、Facebookページ運用に必要な要素を洗い出し、方向性を定めます。
オフライン調査も可能です。

マーケティング戦略の策定・コンテンツプランニング
03

基本戦略となる目的、ゴール設定、KPIを定め、運用ポリシーを策定します。
コンテンツのカテゴリ分けとその頻度を定め最適な配分を決定し、具体的な投稿案を複数作成いたします。

効果測定
04

ゴール達成に向けてきめ細かな最適化作業を行い、月次のPDCAサイクルを支援いたします。

ブランディングとしての役割メリット・デメリットファンとの関係性が重要下へ

当社の強み 多様なWEBプロモーションに携わったからこその強み

マーケティングメソッド×顧客サービス

運用スタートまでの流れと料金プラン

お問い合わせフォーム

ご担当者名

必須項目です

フリガナ

必須項目です

メールアドレス

Emailを入力ください

企業名

必須項目です

お電話番号

数字のみでご入力ください

都道府県

お問い合わせタイトル

SNS運用を検討している自社で運用中のSNSについて相談したい
ファンを増やすキャンペーンを実施したいFacebook広告代行を検討している

お問い合わせ内容

必須項目です